校長 森 幹雄

 
 三室小学校は、明治6年に馬場東漸寺を仮校舎として開校し、明治22年三室尋常小学校と改名、明治40年に三室尋常高等小学校となりました。
昭和22年に浦和市立三室小学校と改称され、平成13年5月1日、
さいたま市誕生によりさいたま市立三室小学校となりました。三室地区は、緑が多くとても自然豊かな場所で、森と谷あいに広がる見沼田んぼも広がっている地域です。
また、学校周辺には閑静な住宅街も広がっています。平成29年度は、
児童数883名、教職員数61名でスタートしました。

「かしこく」「やさしく」「たくましく」を学校教育目標とし、地域から信頼される学校づくりを経営の基本方針とし、子どもたちが、元気で一人ひとりが成長できる場所となるよう教職員が知恵を出し合い共通理解・共通行動のもと組織的に教育活動を推進していく所存です。

※平成29年度から平成31年度までの3年間、さいたま市教育委員会の指定を受け、「よい授業」「道徳教育」の研究を進めて参ります。
研究主題 
「よりよい生き方について自ら考え、ともに学び合い、心豊かに生きる児童の育成」
〜「よい授業」の4つの因子を取り入れた指導法の工夫改善を通して〜
 今年度は、「道徳教育の研究」「よい授業のアンケートの実施及び授業の分析」を進めていきます。また、全学級で「道徳」の授業を公開いたします。 今後も、引き続き、保護者・地域の皆様と連携を図り、ご理解とご支援をいただきながら子どもたちの成長を見守っていきたいと思います。よろしく願いいたします。

   思いやりの木                                                           百年記念樹
教育目標

知・徳・体・コミュニケーションの調和のとれた生き生きとした児童の育成

◇かしこく(確かな学力) ◇やさしく(豊かな心) ◇たくましく(健康と体力)


学校経営方針

1 組織的、機動的な指導体制を確立し、教職員の能力を伸ばし、児童の豊か  な人間性を育む。
2 「生きる力」を育む教育課程の編成、実施及び改善・充実を図り児童の能  力を伸ばす。
3 いじめ・不登校ゼロを目指し、積極的かつ繊細な教育相談活動及び生徒指  導を展開する。
4 体力向上推進委員会を中心とした体力アップ作戦で児童の体力前年比5%  アップを目指す。
5 安心、安全な「学びの場」としての施設、設備、環境の充実と自己防衛力  の育成を図る。
6 地域とともに歩み、スクールサポートネットワークを更に充実させ地域に  開かれた学校を目指す。

 

 

○学力の向上を目指し魅力ある授業を展開する
○心が通い合い、明るく温かな人間関係を育む環境作りに努める
○健康で「安全・安心」な学校の構築を推進する
 
 



平成29年度 さいたま市立三室小学校いじめ防止基本方針