神明宮

神明宮
現在の東宿にあった神社であったが、明治40年に氷川女体神社へ合祀と(伊勢山神明宮)になった。これは、神社の再編成であり小室社など沢山の神社が氷川神社に統合された。その前は、徳川家光から10石を受けていた(神主は武笠典膳)1593年に建てられた。説明の碑があり、それは武笠三の書である。