赤山街道

寛永6年(1629年)に関東郡代伊奈半十郎忠治の館として武蔵国赤山(川口市)赤山城が築城された。関東郡代とは、関東における幕府直轄地の税金徴収や民政を担当する役職で、関東郡代の陣家にその年貢を運ぶ道を、赤山街道という。