櫻塚

櫻塚
今から850年も昔、当時の八幡太郎(源)義家が陸奥守として任地に赴く途中に、ここで、その息女の櫻姫(13才)が病で倒れ、亡くなってしまった。義家は、娘をこの地に葬り、守護神として八幡大明神を祭り、陸奥に赴任していった。