見沼氷川公園

記念碑
「山田の案山子」記念碑がある。氷川女体神社の神主であった武笠三が作詞作曲されたものである。武笠三は、明治4年に武笠家の長男として三室村に生まれ、東京帝国大学を卒業後、浦和中などで教鞭をとっている。一説によると、「日の丸の歌」「池の鯉」「菊の花」も武笠三の作ともいわれている。また、伊勢参りをした人の名前を刻んだ石碑の文字は、武笠三の筆跡であり、氷川女体神社、神明宮、八雲神社などに残っている。(見沼女体神社に隣接している)
(唱歌のふるさと)