氷川女体神社

氷川女体神社
いつ頃の神社かはさだかではないが、いろいろな資料から考えて奈良時代以前の創建といわれている。農業(水田耕作)を営む人々が水を恒久的に得るために見沼を信仰したことにあると思われる。氷川女体神社の本殿は見沼の方を向いており、磐船祭りで御沼の主である竜を慰める行事など、この地域の中心の神社として、江戸時代には、大宮の氷川神社と並んで厚く守られた。