文殊寺

文殊寺
もとは、氷川女体神社の社僧が住んでいた別当寺(僧職の他に神職を兼ねること)で、神社の南側にあったが、明治に入り、神仏分離で現在の場所に移った「知恵の分殊」で知られる文殊菩薩や、幕末の大絵馬があり、市指定有形民族文化財になっている。また、三室は江戸時代から連歌や俳諧が盛んで、三室に生まれ育ち、北原白秋に師事したという歌人星野丑三氏の歌碑が建っている。
(追ふがごとく追はるるごときわれの生にみどりあふるる今日の日に遭う)